​問い合わせ
​​(問い合わせは高校生本人がしてください)

【電話】

050-5373-2331

 

【通話可能時間】

10~15時

※平日・土曜は10~13時の間だと繋がりやすいです

​【フォーム送信】
arrow&v
arrow&v
subject

© 2019 by あきは塾 

​講師

​塾長

深澤 雄基

​中央大学卒

​私が高校生の時、国語の授業は、先生が教科書を読みながら文章の全体像の簡単な解説をするのがお決まりで、文章の読解が出来る気がしなかったのを覚えています。

そういったこともあって、大学受験は合格大学を全て蹴って、予備校に通いました。

そこで教わったことは、「文の意味をとにかく考える」・「考えた意味をノートに書く」というもの。そうしないと、いつまで経っても読解出来ないよ言われ、ひたすら文の意味を考え、ノートに書いていました。

おかげで、読解力は相当鍛えられ、大学受験の国語講師

とまでなることが出来ました。

講師となってからは、国語だけでなく、数学や英語、地歴公民も教えていたのですが、どの科目を教えていても、多くの高校生・浪人生が、単語や解説文の意味を理解していない(超進学校の生徒でも)ということに突き当たりました。

そこで、どの科目を教えようが「単語・文の意味」を考えさせるようにしました。

そこから、国語の重要性に気づき、また、自分の高校時代の国語の授業を思い返し、国語の文章を読めるような訓練を受験生にさせてあげたいと思い、この塾を開きました。​